2月17日は伊丹市で医術定例会でした。

 

今回も前日まで関東で活動をされていたレノンリー先生に戻ってきていただきました。

 

当日参加された方は、

ご自身で治療院をされていたり、

全国を飛び回っている治療家の先生たち。

 

レノンリー先生から出てくる内容もとてもレベルが高いものばかりでした。

 

写真 2014-02-17 16 02 18

 

 

まず最初におこなったのは、

クライアントの心の奥底から答えを引き出す「サムライカウンセリングシステム」

 

このシステムを使えば自分、そしてクライアントの陰陽のエネルギーを統合すること、

そして個としての自分だけでなく、世界、自然や社会との調和をとることができます。

写真 2014-02-17 13 07 00

 

病気はこれらの思考パターンが変わるだけで、

治ってしまうこと、改善することがあります。
次におこなったのは、

秘伝「心医六合功」のひとつである「言功法」

 

言功法はその名の通り、「言」でエネルギーをコントロールします。

写真 2014-02-17 16 06 48

 

腕相撲が勝てなかった相手にも、

「言」功法を使ってあることばを口にするだけでエネルギーが変わってしまいます。

言葉にはとてもパワフルなエネルギーが宿っているのです。

 

そして経絡調整に必要な検診術。

これをおこなうだけで、脳の使い方や思考パターンが分かります。

 

医療だけでなく、人間関係を良くしていくにはとても重要なポイントです。

写真 2014-02-17 20 30 26

 

参加者は学ぶだけでなく、

これらを身につけるところまでトレーニングしていきます。

 

 

次回医術定例会は、

関東2月24日(月)、関西3月17日(月)に開催します。

詳細、お申し込みはこちらからお願いします。
http://tci.or.jp/seminar.html