前日に引き続き、参加させていただきました。

淡々と体と対話をし、練り上げていくワークからスタートしました。

 

1478

 

その際、「エネルギーの循環」が大切なんだと言われたのですが、あまり実感がもてず「?」がついていました。

 

しばらく続けるなかで、自分なりにうっすら「こんな感じかな?」というものが見えた。

と思った矢先、すべてがひっくり返りました。

 

押される力におもいっきり踏ん張って耐える。という実験。

 

それが「あるルーティン」をされると、踏ん張れなくなる。

…なんじゃこりゃ

力の出所が見えない。

相手の力強さを感じない。

結果、逆らえない。

はっきり言って、納得がいきませんでした。

 

いや、初めてだったから

予想できない動きでびっくりしたから

その可能性もあると、もう一度やらせてもらいました。

 

十分な態勢を作り、何をされるか分かった上で耐える。

結果、

耐えられない。

…なんじゃこりゃ

「エネルギーの循環」

そのとき意味不明だった言葉が、自分の中にするすると入ってきました。

 

1482

 

自然体が一番力が出る、相手に伝わる

今まで、そう考え一生懸命、自然体をつくろうと努力してきました。

 

しかし、結果的に「自然体という意識」に囚われすぎてたのが見えました。

 

本来、身体をコントロールするのは、非常に難しく時間がかかります。

 

長澤講師がされたルーティン、正式には「十四経絡体術」と言うそうです。

 

はっきり言って、簡単すぎる。 そして、やるだけで効果が出てしまう。

 

・武学は徳育が土台にある。

・体術は、医術、兵術を学んでから学ぶ。

この意味、少なからずわかった気がします。

掴んでいないと逃げてしまう。掴もうとすると逃げてしまう。

というもどかしさ。それをナチュラルに身につける方法。

奥が深い。

 

技術の向こうの「本質」の部分を体験させていただきました。

ありがとうございました。(文:小川佳木)

 

IMG_2006

 

徳育スクールは毎月関西・関東で月3回ずつ開催しています。

興味が有る方はこちらをクリックください。

http://tci.or.jp/seminar.html

【お問い合わせ先】tci-logo
TCI 一般社団法人 国際徳育協会
兵庫県 神戸市 兵庫区 中道通2-1-15 ポムドテール2F
TEL:06-6312-6336(平日10時-17時)
FAX:06-7635-9060
Email:tci@tci.or.jp
ホームページ http://tci.or.jp/