7月最後の日曜日

東京の麹町で「武学キネシオロジー」のセミナーが開催されました。

20130728_133846

講師はレノンリー先生をはじめ、

スペシャルゲストでビリーブス田中先生そして、

数日前にビリーブス田中先生と「日本の誇りのセミナー」をコラボされた

JOEリー先生

20130728_162819

参加された方は、

目からウロコの話が満載で、

大変満足しておられました!

セミナー受講後3日経過

その後の変化をお聞きする機会がありました。

◇◆◇◆◇◆◇◆

「主体性のある言葉を意識しています。

言葉を切り替えると、感情が全然違います!

日々その違いを楽しんでいます。

あと、

前頭葉を意識して、考えるようにしています。」

セミナー後も、Hさんは

自分の行動を意識して変えることを行動に移し、

自分を俯瞰的に見ることができておられました。

◇◆◇◆◇◆◇◆

「言葉の使い方の違いで、

エネルギーを自分の中で充電して維持管理できる。

その違い一つで、エネルギーが漏れる使い方になる。

それを、まずは知りました。

あとは、力が抜けてしまいやすい状況と、

力が入る状況、体は正直に語っていました。

自分は、ヨガをやっているから、

色々なプロテクトができるようになるのですが、

まだできていないことと、できるようになったこと、

それが解りやすく理解できました。」

ヨガ実践者のOさんは、

身体で感じることができ、具体的にご自分のカラダをとおして、

感じることができておられました。

◇◆◇◆◇◆◇◆

現役セラピストTさんより

「主体性ある生き方が出来ることってすごいことだと思います。

体感出来ることが他になかなかない、

この講座のメリットだと思います。

アンケートのフィードバックがあると尚嬉しいです。」

初めての事後アンケートに対しても、大変好評を頂きました。

私も実施した甲斐があり、嬉しいです!

◇◆◇◆◇◆◇◆

整体師として仕事の傍ら、講師としても活動されているYさん

「今回はアウトプットするという視点で講座を受講しました。

普段は進化体操で講師をしているので、

講師と受講生の立場を行ったり来たりしながら話を聞きました。

例えば、任督五筋体操。

今回我々は形を教わり覚えようとしましたが、

実際講師側には形に現れているものの

何十倍もの意図が含まれていると思います。

受講者側で受けてみると、

・筋反射の形も覚えられる

・護身にもなる

・自分の調整にもなる

という辺りを受け取りました。

そして講師側で受けてみると、

私は今後、進化体操においてもUSM(武術医療実践研究会)においても、

受講者が講師側になるためにはというところを伝えていくので、

そこの橋渡しをどのようにすれば…。

といった課題が出てきました。 今はその状態です。

ありがとうございました。」

講師の橋渡しとしての重要な役割を担うYさん

今後、共に活動していくことができ、

大変楽しみです!

IMG_4763

今後の武学キネシオロジーの発展が益々楽しみです!!

次回は、8月22日同じく東京で開催です!

詳細はこちら

田中 陽子