会員さんのお知り合いの方から

個別相談がありました。

◆◆◆◆◆◆◆

レノンリー氏に来る相談には、

経営系

医療系

その他多数

主に、直接または口コミ限定の個別相談です。

その中でも、

ご家族の方の病気に対する相談は時々見受けられます。

以前に、「犬が病気である」相談もありました。

◆◆◆◆◆◆

今回は若いご夫婦が相談に来られました。

解決策は2つ、とリー氏は言います。

「本質」を捉えているがゆえに、

答えを教えるのではなく、

受け取る側が自分と向き合い、

自分から引き出される答えを

認識しなければ、受け取ることができません。

◆◆◆◆◆

「フィジカルクエスティング」

あくまで、答えは

病気である本人、

もしくは

関わるご家族の中にしかありません。

それを、引き出していくのが

「フィジカルクエスティング」です。

そして、

あくまで知っていることを提案するだけです。

「やる」か「やらない」かは、

その人次第。

だからこそ、

依存しない、させないカウンセリングになります。

◆◆◆◆

『9割の病気は自分で治せる』

e-クリニックの岡本裕先生も言っています。

病気は

自分の行いを見つめなおすための「サイン」なのです。

それを「人生の課題」と捉え向きあえば、

「解決策」は出てきます。

それを「自分以外の問題」として捉えれば、

誰かに依存しなければ行けなくなります。

そうなると

対症療法なんですね。

◆◆◆

私は看護師時代、様々な方を通して、

その人の人生を垣間見てきました。

当時は、「なぜ、病気になるのか?」と思うことが多くありました。

レノンリー氏を通して「自律医療」を知ることで、

その人の「あり方」が病気を作り出しているのだということが分かりました。

周りのご家族も同じです。

◆◆

キネシオロジストの石丸賢一氏は言います。

「エネルギーは意図に従う」と。

まさに、現代の病気も、

エネルギーの滞りの体現なのです。

少しでも多くの方に、それに気づいてもらえるよう

人のお役に立てればと思い、

日々、私たちは活動しています。

もし、お悩みがあり、

主体的に解決したい!という方は

国際徳育協会(TCI)にご相談くださいませ。

>>http://tci.or.jp/contact.html

TCI 事務局

自律医療コンサルタント

田中 陽子