国際徳育医療師養成・認定講座の6日目&7日目。

okinawa6

この日は、沖縄でシーカヤック・シュノーケルなどのレジャーが中心で
「セミナー」形式の講義は少な目でした。

 

しかし、合宿が終わりに差し掛かるにつれ、
メンバー達に変化が見られるようになりました。

 

今まで、レノンリー先生の講義を聞いて、学ぶ、
というスタイルで学んでいた参加者ですが、
徐々に、自分達でお互いに教え合い、勝手に練習をはじめるようになっていたのです。

 

武学の学びの教えである
「共学共育」
を自然に行っているメンバー達。

 

それを見て、レノンリー先生も、
一切口を出さず、横でじっと見ながら、
分からないところがあった時にたまに口を出すくらいしかしませんでした。

 

最後に、レノンリー先生が、
「これが理想の形。講師は本当は口を出してはいけない。」
と皆に教えて下さいました。

 
最終日の夜は、皆で飲み明かして1日を終えました。
国際徳育医療士事業の目指すところを皆で固め、
「人類総医者化計画」
に向けて更にやる気を燃やすメンバー達。

okinawa7

 

国際徳育医療師事業は、
今後も「共学共育」の精神をもって
互いにスキルと徳を高め合う場を作っていきます。

次回は、インドにて行います。
「アガッセアの葉を開く」
という貴重な体験ができますので、
是非お楽しみ下さい。

 

セミナースケジュールはこちら
↓↓
http://tci.or.jp/seminar.html