18歳と『魔法会議』

2014/10/23(木)

 

本日高校三年生を対象とし、魔法会議を行いました。   時間は2時間。

 

まずは、生徒たちが教室に戻ってくる前に教室をセットし、

■目的、ねらいのシェア

■ルール設定

■マインドセット

 

から行いました。

 

このクラスで行うのは初めてであったため、

普段このような机の並びやポストイット、A4用紙の量を見ただけで、生徒は不安と興味とが入り交じった表情をしていました。

 

まず、私自身の想いを伝えました。

すると、生徒たちはもっと教えてほしいと言い、

私の想いに納得して積極的に素直に魔法会議に参加していました。

img02280

このようなチームでのワークを初めて体験した

生徒たちの感想は、

 

・初めて考えることばかりだった。

・自分を知れて楽しかった。

・友人がどんなことを考えているのかがわかった。

・難しかった。

・時間が短かった。

 

最後は、はじめて「人生の目的」まで出すことができました。

 

魔法会議の質問の内容は、改めて究極の質問だらけであると感じました。

 

今回私自身が気づいたことは、

普段、自分にこのような質問を問いかける癖のない人は、抽象的な回答である。

普段、あまり自分の意見を言わなくてもちゃんと答えを持っているし、導き出せる。

やはり、テンポが雰囲気作り、答えを導き出すのにも最も重要である。

マインドセット、導入で掴めたら、後はマニュアル通り行えばいいだけ。

最初は不安なので、FTが褒めたり、オーバーリアクションをとること、それをチーム内にも伝播させるとオープンマインドとなる。

限られた時間内に行うには、より質問を精選する必要がある。

images (1) images

 

今、SGMは特に日本の教育にとても有効であると、再確認した1日でした。

 

鈴木陽香