yoshida-263x300

吉田 雅人
国際徳育協会理事長、医術部部長
1981年生まれ。大阪市出身。
小さい頃からスポーツが好きで、3歳から水泳、10歳から軟式野球を始める。

中学から始めたテニス。
3年生の時に右肩に違和感を覚え、痛みが収まらず病院に通い始める。
そこから高校3年間、痛みは一向に改善せず、試合前は痛み止めを打って紛らわす日々を過ごす。
高校卒業後はテニスの専門学校に進学し、指導者を目指す
そこでは日本代表のトレーナーをされている方から直接指導を受けたり、アスリートが通う治療院、大学病院を転々とするが、良くなることはなく、右肩だけだった故障も右手首、右膝、左足首と広がっていく。

テニス=人生だったので、23歳にしながら人生終わったと諦めかけていた時に、伊達公子選手やトップ選手を指導していた先輩コーチからあることを学ぶ。

筋力が弱いと言われ続けた右肩だが、問題はそこにはないと気づく。答えは武術などの身体の使い方にあったのである。

自身が現代医学では8年間かけても良くならなかった故障を改善できた経験と、整体の師匠である津田啓史(つだひろふみ)先生から学んだ、人間が元々備わっていた能力を引き出す方法を組み合わせて、アスリートに活用することで劇的に変化を出し始める。

多様なスポーツの全日本チャンピオンなどアスリートへの指導をはじめ、大学でも非常勤講師として活躍中。

2013年12月からは武学士レノンリー先生のセクレタリーとしてトレーニングを開始し、2014年9月からは国際徳育協会の理事長に就任。

人生の目的は、
「人々が生まれ持った能力を最大限発揮させ、世界から病氣を解放すること」。