今日は9名の参加となりました。

徳育専門学校生の石井さんの司会でスタート。

テンポの良い進行で、みなさんのアイスブレイクが進みます。

 

雰囲気がほぐれたあとは、「WHO 教育基本法前文 TCI宣言」などを全員で唱和しました。

そのあとは、いよいよ講師の伊藤先生登場です。

フロントトークである自己紹介から、皆さんをS__1376259グイグイ引き込んでいきます

 

 

 

 

 

 


S__3907609

 

 

S__1376260

 

なぜ、生徒の運動指導を試行錯誤する先で

どうやって、

骨ストレッチや、武学に出会ったか、、

集中力トレーニング、居付き、ゾーン、、、内容も素晴らしですが、

人柄が伝わるような話し方に、みなさん、すごい集中力です。

学んだら、即実践。

「カンペル平面」「フランクフルト平面」 どちらが力が入りやすいか、みんなで体感していきます。

 

踵を壁につけて、しゃがんでみるワークでは、出来ない人が続出、子供たちにはもっと深刻なことが起こっていることも、教えていただき、

改めて、我々が、未来の子供たちに、残すべきことを皆さんが考えるきっかけになったと思います。

S__3907612

さらに、

明治時代の人々の優れた体の使い方、「野口体操」の話、

子供の教育を通じて、如何に現代人が気を遣い、固まってしまってるか。ある動物の真似をしてもらう、と分かる!!

 

img004sk2k

 

受講者の全員の興味を釘付けにしたのは、この写真↑↑普通のおばちゃんが、米俵5俵およそ300キロを担いでいる写真。みなさんもどこかで見られたことがあるかもしれません。なんと、この身体の使い方の秘密も、極秘で公開していただけました。。。その極意を使って、歩行する受講者全員が、その場で効果を体感されてました。

 

「姿勢の大切さ」ペットボトルの水を、そのまま飲むか、コップに移して飲むかで、全く筋反射が変わってくる。

持ち物によっても違う。

などなど、どんどん、面白い話が飛び出します。

そのあとは、みなさんお待ちかね、

骨ストレッチの紹介です。「D’ont think ,  feel」 「 頭に聞かずに身体に訊く 」 「笑顔」 など概要を聞いたあとは、

ペアに分かれて、即実践です。


S__1376264

S__1376262

S__1376263後ろ向きで歩くだけで、全く身体の状態が変わってしまいました。

 

かつて日本で「巨骨」と言われていた〇骨をつまむだけで、振り向く範囲が大きく変化することに、みなさんも驚かれてました。

 

休憩を挟んで、今までの学びの振り返りをみなさんで共有。

体を通じて、みなさんの意識は、「未来の子供たちのこと」や、「昔の豊かな日本の身体文化を取り戻したい」と

いったような、抽象度の高い意見や感想、行動表明になってることが印象的でした。

やはり、身体を通じて学ぶと、腑に落ちやすいということでしょうか。

 

そのあとは、「向精神薬の現状について」の映像鑑賞。

S__1376266

 

その感想のシェア。仲間との意見の交換が1番、かけがえのない場だと思います。

まずはアメリカの映像を観て、次に日本のニュース番組を鑑賞。「薬に頼らず、子供達と向きあう」ことの大切さを

全員で再確認しました。

日本の年間医療費40兆円強、パンク状態です、

 

今こそ、心やエネルギーをコントロールする方法が大事だよなと

皆さんが理解した上で、

 

「フィジカル・クエスト(P・Q)」(脳ではなく、細胞や筋肉に訊く) を練習しました。


S__3907617

検査側が「無関心や、相手の目を見たり」での変化、

受ける側の首の角度でも、結果に差が出ることを検証していきます。

徳育協会では、この手順が「套路」という形でまとめられており、順番が覚えやすいです。酔拳世界チャンピオンである、レノンリー先生ならではの素晴らしいシステムです。

 

大変、学びや気づきの多い、素晴らしい時間となりました。

最後に記念撮影!



ああ

国際徳育協会のセミナースケジュールはこちらからチェックしてください。
↓↓↓
http://tci.or.jp/seminar.html