2014年2月24日、東京麹町にてTCI関東医術定例会が開催されました。
講師は国際徳育協会会長顧問である、レノンリー先生に勤めていただきました。

IMG_1370

 

 

 

 

 

 

 

 

今回レノンリー先生には日本に1300年から存在していた世界最古の心理学を公開していただきました。

一霊四魂 霊とは?魂とは?
スピリット、マインド、ハート、ソウル
の違いはなにか?
日本はこれを1300年前に明確に定義することに成功している。
それを取り出して触れる簡単にコントロール出来るレベルにまでシステム化していた。
1300年前に心理学を超える圧倒的なものを和人は作り上げていた。

古代の叡智の素晴らしさに参加者一同驚嘆されていました。

そして基礎編の最後では人間のメイン電源とも言える、
任脈、督脈の経絡調整を伝授していただきました。

当然、学ぶだけではなく、経絡調整を自分で施せるようにトレーニングを
しました。

わからなければ即レノンリー先生に聞くことができる。
この環境を活かし、皆さん濃いトレーニングを積まれていました。

更には武学の基礎概念。
生命38億年間受け継がれてきたDNAについて。

医とは?
健康とは?

レノンリー先生が一方的に話すのではなく参加者から答えを引き出し、
気づきや感想をシェアし共有していくことで、さらに学びや成長が促進され
講座の前と後では別人のようになっていました。

まいこー

 

 

 

 

 

 

次回以降の関東医術定例会の日程はこちら。
ご自身の心身をコントロールできるようになりたい方は
チェックしてみてください。
↓↓↓
http://tci.or.jp/seminar.html

活動報告 国際徳育協会運営スタッフ 宮本秀敏