12月1日

ナビオス横浜にて

IMG_6823

成基コミュニティ代表、教育再生実行会議委員の佐々木喜一氏

そして、

メキキの会会長、NPO日本ライフキャリア協会理事長の出口光氏

2名の講演会が開催され、参加してきました。

総勢170名が参加!

佐々木代表の話は

「志教育」

父の塾を引き継いだ目的は、

『時代を担う有意義な国際人を育成したい』

日本の子どもたちは、

自己肯定感が低く(65%が自分がダメだと思っている)

親や先生を尊敬していることが低い(20%切っている)

IMG_6840

現在は『泣く子も黙る塾』と称され、

東大・京大に数千人、医者を3500人輩出し、

貢献しているとのこと。

塾では、

「こんな大人になったら凄い」

「こんなことやれたら凄いよね」

と言った

ホラ吹き大会を開催されているようです。

◆◇◆◇◆◇◆

次の世界に貢献して行く人材を育成するために

安部総理の下、

下村文部科学大臣と共に

教育再生実行会議を手掛けておられます。

◆◇◆◇◆◇◆

笑いあり

気づきあり

学びあり。

IMG_6841

また、

出口会長

この時代

日本から発信する時代

高い志を持った時点で

自分の足りないものが見えてくる。

メキキの会は「志」の会です。

◆◇◆◇◆◇◆

そして、17年

戦後。日本が失ったものが、

「志」「権威」「コミュニティ」だそうです。

みんなの手で、志教育を復活させていきましょう!

◆◇◆◇◆◇◆

出口会長の言葉には重みがあり、

一言一言が心に染みてきました。

IMG_6853

そして、パネルディスカッションでは、

佐々木代表、出口会長

そして、株式会社未来デザイン研究所

一般社団法人日本生涯学習認定機構 の前田出 先生

コーディネーターは、

一般社団法人 国際徳育協会顧問であり、

行動改革コンサルタント

レノンリー先生でした。

数々の「志」をテーマにした質問には、

「よりよい世の中とは」

「感即動」

感じて即行動すること

『志』はどうやって持ったらいいですか?

とのコーディネーターの質問に対し、

◆◇◆◇◆◇◆

佐々木代表は

「みんなもっている。使うにはリスクがある、こわい。

命を落とすかも、かけがえのない大事なものをなくすかも知れない。

邪魔しているものを見て、おそれ、不安はなくならないので、

向かっていく。見つめていく。内観していく。」

◆◇◆◇◆

出口会長は

「本当にやるべきことをやろう。有限な命の中で、

自分は何がしたいのかと問いかける。」

◆◇◆

前田先生は、

「『なぜ』の問いかけを3回繰り返す。

本当にしたいことかが見えてくる。

自分に問いかける。」

それぞれの方の経験体験が詰まった言葉に

大変感銘を受けました。

IMG_6956

次回関西での開催は2014年1月25日

京都にて開催です。

共により良い世の中を創って行きましょう!!

IMG_6830

TCI理事 田中陽子