本日、兵庫県伊丹市にて第一期 徳育会議士養成、認定講座が開催されました。

 

講師はレノンリー先生、そしてサブ講師としては安西裕也先生に勤めていただきました。

 

まずは安西先生のファシリテートのもと、武学兵術の基本的な部分がから指導していただきました。

CM140413-135741004

 

 

 

 

まずはリーダーシップについて

・20世紀型のリーダーシップと21世紀型のリーダーシップの違いとは

・学習の三段階とは

・そもそも会議とは?会議とは何をするところなのか

TCIが提供している会議法SGMができた背景、そしてなぜ会議が必要なのか。

これを知るのと知らないとでは今後組織を作る上で、組織を成長させる上で結果が間違いなく変わります。

 

今回参加された方の中には経営者の方も多く、目からウロコの圧倒的な内容にとても驚かれていました。

 

そしてレノンリー先生には会議法SGMの構造の1部の解説をしていただきました。

CM140413-151605002[1]

 

 

 

 

 

 

 

世界トップから直接学び、そしてそれらを統合しそれぞれの欠点を補うことで
今までにない卓越したシステムとなっている会議法SGM。

組織の人間全員から主体性を引き出し、それを統合することができます。

レノンリー先生が長年かけて開発したトレーニングシステムを
用い、段階的にトレーニングすることで誰でも身につけることが
できます。
徳育会議士養成・認定講座では全四日間、計24時間で学び、
同時に実践、トレーニングをしながら身につけていただきます。

 

そして大企業とそうでない企業の明確な違いがわかります。
そんな秘伝を惜しげもなく伝授していただけます。

 

興味のある方はチェックしてみてください。

↓↓↓

http://tci.or.jp/seminar.html
国際徳育協会 宮本秀敏