本日、兵庫県川西市にて徳育武藝士認定講座が開催されました。
講師はもちろん武藝団創始者であり、国際徳育協会最高顧問であり、
酔拳世界チャンピオンでもあるレノンリー先生に務めていただきました。

ninntei

まず本日は武術家の本質についてお話いただきました。
なぜ武術家は本物が表に出ないのか、

なぜ一般的な武術はスクリーンの中のアクションのものしか
広がっていないのか。

昔は武術家はどういう立場の人間たちだったのか、
自他不敗の世界観は誰に伝えるべきものなのか。
体術は何のトレーニングをしているのか。
そこから見える政治の本質。

徳育武藝士が目指すべき指導者の姿が明確になりました。

そこを認識した上で、まずは排打功のトレーニングに入っていきます。

にんてい2

そこでも排打功は何のためにやるのか、その意図がなかったら
どんなに秘伝を学んでも、意味がないものになってしまいます。
何度も確認しながら、認識しながらトレーニングを積んでいきました。

そしてどこまで功夫を積んでいるのかチェックする方法の実践。
今やっていることは武術の入口の手前の段階。
ここができてくると何が見えてくるのか。

にんてい3

武術家が見えている世界とはどういうものか、
排打功だけでもとてつもない深いものであることがわかりました。

にんてい4

様々な排打功を本日は徹底的に取り組み、
多くのエッセンスの本質を認識していきました。
漠さん

前半の感想です。
[youtube https://www.youtube.com/watch?v=aggUyLLq8lI&w=560&h=315]

後半からは排打功の総仕上げをしていきました。

これにより自律医療の本質も見えてきます。
人を治すこととはどういうことなのか、
人を壊すこととはどういうことなのか。

にんてい5

このレベルでもまだ基本中の基本の段階ということですが
ここを体得できれば、感情を自在にコントロールできるようになります。

見た目はハードなトレーニングでしたがまさに秘伝のトレーニングシステムでした。

にんてい6

そしてその先の武術の段階の話、どのような世界が待っているのか、
少しだけお話いただきました。

次に武術がいつどのように伝承されるか、道場で学んでいるものは
どういう種類のものなのか、四魂の視点から説明していただきました。

そこから見る伝承の仕方、指導者はどこまでを想定して、
どんな仕組みを創らなければいけないのか。

これは武術だけにおける話ではなく、このモデルではなかったら
絶対に広がらないと断言しておられました。

にんて7

日本のビジネスモデルと西洋のビジネスモデルの
根本的な違い、兵術とも繋がる本質が見えました。

そしてやはり、その根本には徳育がありました。

体術は医術も兵術も全ての根幹を成すものであることが
徐々に見えてきました。

武学を伝承していく指導者としてあるべき姿を共有した上で
最後にこの武藝士チームでの理念をSGMで決めていきました。

SGM

徳育専門学校0期生の石井伸也さんが
ファシリテーターを務めました。

日頃のトレーニングの成果も素晴らしく、
見事なファシリテーションでした。

本日の集合写真です。

にんて8

素晴らしい理念が決まり、これから武藝士事業が
これからどんどん加速していくことがイメージできました。

活動報告は以上となります。最後までお読みただきありがとうございます。

レノンリー先生の叡智を身につけ指導する毎月のトレーニングスクールの日程はこちら
↓↓
http://tci.or.jp/seminar.html

 

一般社団法人国際徳育協会 体術部 宮本秀敏