今回は長野県で原田要さんとの対談、そしてチベット医の特別レクチャーも兼ねて、

温泉旅館を使ったいつもとは違う環境で
心医六合功師養成・認定スクール2日目が開催されました。

 

S__3055619

 

心医六合功師とは、
国際徳育医療士養成・認定スクールを受講したメンバーだけが申し込むことのできる
2500年間闇から闇に一子相伝で伝承されてきた武学医術の上位クラスです。

 

普段の徳育医術スクールでは、心医六合功のエッセンスを使った体感ワークをおこない、
驚きを隠せませんが、心医六合功師ではさらにその全体像をつかむことができます。

 

ほとんどの病気は心からきているといいます。

 

しかし心は見ることや捉えることができないので、
コントロールすることができません。

 

それを昔の中国人の武術家は命をかけて研究に研究を重ね、
見えないエネルギーをコントロールできる状態にしてまとめました。
それが「心医六合功」です。

 

受けてみた個人的な感想ですが、
これらを身につけ自律医療として普及すると、
世界から病気を解放することができるのではないかと思いました。

 

逆にいうと根本的なところは外的な要因では治療できず、
自分自身でしか改善できないものだというのが見えてきます。

 

徳育医療士の先にある
微細なエネルギーを読み取るSPQ(サムライフィジカルクエスト)のトレーニング、
そして十四の経絡を武術の最上位にあたる太極拳でまとめた十四経絡太極拳

 

レノンリー先生からある秘伝をお聞きし、

正確に取れていたと思っていたSPQも、

全くうまく取れていなかったことが判明しました。

 

S__3047478

 

この秘伝のものさしをあててみると、

日本で正確にSPQを取れている人はほぼいないことがわかりました。

 

功夫を積み重ねていく以外に上達の道はありません。

 

S__3047479

 

これらの包越医療を身につける心医六合功師は、
これからの医療の在り方を変えていく可能性を秘めています。

 

次回の国際徳育医療士養成・認定スクールは10月24〜30日(台湾と現地の方もなかなか行かない秘島)です。

その次は2015年2月にインドで予定しています。

 

心医六合功が学べる徳育スクールのスケジュールはこちら

↓↓

http://tci.or.jp/seminar.html