2月24日

ちょうど1年前、

本格的に外部に向けて「セミナー」を開催し始めました。

その当時は必死でした。

P1050251

(1年前の写真)

そして、1年後の今日

どうも、

この日は節目にあたあることを体感しました。

P1050296

(当時の懇親会の模様)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

10:30 ある方を紹介して頂き、

品川お会いすることになりました。

6月のバリ島に向けて大きく前進する機会になりました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆

2013年6月にバリで行われる

「キネシオロジー世界大会」で

レノンリー氏が

「サムライ タイチー キネシオロジー」を発表します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆

その際に、バリの兄貴こと丸尾孝俊さんに会いに行くという計画を立てました。

そのためのルーツはいくつか会ったのですが、

今回お会いした方で急速に前進しました。

IMG_0677

(宮本氏とレノンリー氏)

宮本氏、

彼は丸尾さんの右腕と言われています。

過去には多彩な経験をお持ちだとか。

レノンリー氏とも意気投合しました。

宮本氏曰く、

「リーさんは、おそらく兄貴と一緒の性格ですね。」

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

彼を通してバリの魅力を聞き、

そして人脈が繋がっていくことが目に浮かぶようでした。

IMG_0729

(兄貴こと丸尾氏の最新書籍)

これからますます楽しくなってきます!

そして、明日またお会いすることを約束し、

その場を後にしました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆

その直後、レノンリー氏の電話に連絡が入りました。

さっきまで話題に上がっていた方が、今からお会いしたいと。

必然ですね!

◆◆◆ ◆◆◆ ◆

数時間後、品川でお会いすることになりました。

話の内容はとても壮大な話で、

「宇宙の話から、量子力学の話まで」

互いに日本発信で世界を変えて行きたい!

という話をしておられました。

そして、その方も6月一緒にバリに行くことになりました。

◆◆◆ ◆◆◆

節目は私達だけではなかったようです。

IMG_0683

(誕生日の花束)

この日は、

キネシオロジー界の貴公子“ビリーブス田中氏”の誕生日でもあります。

自宅でパーティーのお誘いをいただきました。

2組のご家族、計10名で誕生日のお祝いをしました。

IMG_0690

(乾杯~っ!)

話は途切れることなく、

未来の全地球を含めた未来創造が主!

Big Harmony -大調和-

これからの自分達がやるべきことをシェアしていました。

◆◆◆ ◆◆

実は、ビリーブス田中氏は昨日

レノンリーのセミナーを受講し、

自分の中からミッションを引き出したところでした。

wpid-20130222_175143.jpg

(ミッションを唱える、肉体は正直です)

新たな分岐点に、Facebookを通して、

全世界に向けて

自らのミッションを伝えられました。

◆◆◆ ◆

人が繋がっていく

本当に嬉しい瞬間です!

◆◆◆

私が全人類にお役に立てることは僅かかも知れませんが、

同志が集まり、同じ志を持つことで

大きなエネルギーとなることを実感します。

今日もそんな素敵な時間でした。

IMG_0699

(雨宮褒章を頂いたことを語る信二さん)

以下、少々長文になりますが、

ビリーブス田中氏が全世界に向けて発信した

メッセージを掲載致します。

◆◆

 
【ビリーブス田中の人生のミッション】
私ビリーブス田中の人生のミッションは、「武学キネシオロジー」を創始・普及させることで、個人・社会・人類全体のメンタル・ブロックを解放し、人類共通の問題(戦争・飢餓・貧困・環境破壊etc.)を解決し、地球全体を愛と調和の世界にシフトさせることです。
そして、人間の究極的なテーマである「神人合一」を体現できる人を一人でも多く輩出させて行く為に、志を同じくする人達と協力していきます。
私ビリーブス田中は、このミッションを達成させる為にこれからの半生を捧げていきます。
2013年2月24日 満53歳 ビリーブス田中
*************************************************************
このミッションを打ち立てるキッカケとなったのは、先日参加した武学継承者レノンリーさんのセミナーでのことでした。
「今、世界で起きている問題はどんなことだと思いますか?」
「その問題を放置すると、最悪どんな結末を迎えると思いますか?」
という質問をされました。そこに居た参加者は、全員同じような回答をしました。
レノンリーさんが、子供から大人まで、また一般の人から会社の経営者、日本だけでなく、欧米やアジアの各国で同じ質問をしたところ、どこでも同じような回答が帰って来たそうです。
レノンリーさんの質問はさらに続きます。
「あなたが理想とする世界はどんなものですか?」
「100年後の孫、曾孫の世代の人達にどんな地球を残したいですか?
「そんな地球、そんな世界を作る為のキーパーソンは誰ですか?
その人は、それを実現させる上で何%の責任を持っていますか?
それは、いつからですか?」
************************************************************
私は、この問いかけに答えていく中で、自分の人生を振り返っていきました。私には、3人の母がいます。
実の母は2歳で亡くなりました。
2番目の母は5歳から15歳まで一緒に暮ら、別離しました。
3番目の母は、15歳から18歳まで一緒に暮らしました。
私は3人の母を持つ事で、親愛、反抗、虐待、別離、和解など様々な感情を体験し、「血のつながりを超えた親子の絆、教育とは何なのか?」といったことを考えるキッカケとなりました。

そして、18歳からの自衛隊での4年間の訓練、22歳からの企業研修のトレーナーとしての8年間、一貫して人間教育に携わって行く中で、「どんなにヤル気にさせたとしても、その場の興奮は、長続きはしない」ということを知りました。
そんな中で、「どうしたら、人間が本当に深い所から変革できるのか」ということを探求していく中で、意識だけでなく、潜在意識や身体レベルからもアプローチできる「キネシオロジー」に出会う事ができました。

30歳で独立し、数多くの人達に、個人セッションやセミナー、トレーニングをしていく中で、「脳と心と身体の関係」を探求していきました。
そのプロセスの中でクライアントさんが持ってくる問題は、個人的問題のように見えて、実は全ての人に共通しているものであり、人類共通の集合意識レベルの問題とも関係しているということが分かりました。
そして、今人類が抱えている共通の問題(戦争・飢餓・貧困・環境破壊etc.)も、感情ストレスからくる脳の誤用から来ていることであることがわかりました。
そして集合意識やDNAレベルの問題ですら、キネシオロジーを通して解決していけることを知りました。

しかし、「理論」と「そこから導き出されたテクニック」を通して、人の意識変革をすることが出来るようになったにも関わらず、自分自身や自分のプライベートな関係の中ではうまく活用できず、そのギャップに苦しむようになりました。
そこで、それまで学んで来た事を一旦封印し、全てを捨て、今までだったら絶対に選ばないことにチャレンジすることを決め、45歳で離婚、ホームレス、鳶職の世界に身を投じました。
そこでの人間修行を通し、次にはビジネスの世界に転じ、小成功をおさめました。

49歳でビジネスの世界を卒業し、セラピーを再開し始めました。
そんな中、様々な出会いがありましたが、最も運命的だったのは、「孫子の兵法」の孫武 以来2500年継承されている「武学」の継承者レノンリーさんとの出会いでした。

「武学」とは、「自他不敗の活学」です。
『真の平和』とは『戦争や殺人と言う現実』を知らないと認識すらできない。
平和しか知らない人が平和を認識できるだろうか?
武学は『戦争殺人』と言う人間の最低行為のシュミレーションによる自己認識。

生きるとは何なのか?
死ぬとは何なのか?
欲望とは?
幸せとは?
そして自分とは何なのか?
何の為に生きて何の為に死んでいくのか?
何を受け取って、何を与えるのか?
そしてこの地球に何を残すのか?

人類5000年の英知『武学』孫武がまとめてから2500年闇から闇へ受け継がれ進化してきた『武学』。
武学は、「闇の世界」を徹底的に探求していく中で、「光の世界」に辿り着いたのでした。それは、「究極の強さ」とは、相手を打ち負かすことではなく、「殺しにきた相手」をも仲間にしてしまう「自他不敗の精神」であるというものです。

「武学」は政治・経営・医療・教育・藝術など全てに通じ、
武徳が基盤の兵術・体術・医術の総合人間学であり、自然・社会・自己の活学でもあります。

私にとって子供時代は「闇の世界」でした。
そこに疑問を感じ、徹底的に闇を探求していく中で、「キネシオロジー」そして「武学」に出会い、「光の世界」が垣間見えてきています。

とはいえ、あまりにも壮大なビジョンの為、「こんな私ごときが…」という想いがあり、公言することをはばかってきました。
しかし、53歳の誕生日を迎えた今
周りを見渡すと、明らかに今までとは全く違う凄い人材が集って来ています。

●キネシオロジーを日本に導入してくれた石丸賢一さん
●武学継承者レノンリーさん、
●ジブラルタル生命で営業マンの教育システムを構築することで、世界中にTOP営業マンを輩出してきた教育システム作りの天才 吉田光延さん、
●体の内側からの動きを引き出す事で筋肉を緩め、セラピストとクライアントが同時に癒されていくリラクセンス・ボディセラピーの熊倉達之さん、利子さん夫妻
●出口王仁三郎の曾孫であり、日本人精神を世界に広げていこうと活動されているメキキの会の出口光さん
●私に日本人精神の素晴らしさを気づかせてくれた12ヶ国語を自在に操るマルチリンガル台人JOE李さん
●ネットの世界で大きな影響力を持つコピーライターの中村之則さん、久保純さん

ここで紹介させて頂いた方以外にも、同じ志しを持った多くの人達が集って来ています。
その人達と協力し合えば、きっとこの壮大なビジョンも達成できるのではないか…と心から思えるようになりました。

そこで「闇:こんな私ごときが」から
「光:こんな私だからこそ」に転じ、もう一度私のミッションを宣言させて頂きます。
*************************************************************
【ビリーブス田中の人生のミッション】
「武学キネシオロジー」を創始・普及させることで、個人・社会・人類全体のメンタル・ブロックを解放し、人類共通の問題(戦争・飢餓・貧困・環境破壊etc.)を解決し、地球全体を愛と調和の世界にシフトさせることです。
そして、人間の究極的なテーマである「神人合一」を体現できる人を一人でも多く輩出させて行く為に、志を同じくする人達と協力していきます。
私ビリーブス田中は、このミッションを達成させる為にこれからの半生を捧げていきます。
2013年2月24日 満53歳 ビリーブス田中

田中 陽子