今日は、秘密のトレーニング室で、心医六合功師講座が行われました。

 

レノンリー先生の秘伝出しまくりです。

 

まず、最初は、心医六合功の歩み、と発展の流れについての講義でした。

流石、2500年の歴史。

 

どうして、孫武がそのエッセンスを今でも世界を動かすほど洗練させたのか?

 

 

そのことがわかると、かなり見えてくるものがあります。

 

今の時代、どうすべきか?

 

そこに大きなヒントがあったのです。

 

それを知るだけで…

 

どんな高額セミナーでも得られない、誰でも人生に活用可能な知識だ、ということに気づきました。

そんな感じで、次から次へ

 

口あんぐりの連続。

 

 

お腹いっぱいです。

 

今回の講義では、「態功法」がメインで、
エネルギーコントロールや、情報を保存する方法など、
普段よりも一段高い視点での講義が行われていました。

 

今まで「武術(体術)」「医術」と分かれていたものが融合され、
まさに「武学」ならではの講義だったのではないかと思います。

 

「キネシオロジー」を教えられる人が世界に沢山いますが、
「肉体のエネルギーコントロール」
という視点から医学を語れる人はレノンリー先生をおいて他にいません。

 

しかし、肉体のエネルギーコントロールこそ、
最も高いエネルギーを作る事ができるのです。

 

そんな、日本最高レベルの事を学んでいるのだという事を
改めて実感しました。

 

講義修了後は、チーズフォンデュとピーマンの肉詰めにワイン。
エネルギーの高い食事を取りながら、
食についての講義も行って頂きました。

 

実に、盛り沢山な、色々な面で美味しい…

 

講座でした。

 

また、来月の次回が楽しみです。