11月8日、兵庫県伊丹市にある武藝団本部道場にて、
徳育武藝士強化キャンプが開催されました。

講師はもちろん武藝団創始者であり、国際徳育協会最高顧問であり、
酔拳世界チャンピオンでもあるレノンリー先生に務めていただきました。

kyannpu1

本日の最初の講義は十四経絡体術徹底マスター、
そしてそこから指導者として、そしてチームとしての在り方、
教学共育システムの本質に迫っていきました。

明日は十四経絡体術を伊丹マダンで発表します。
お子さんやおじいちゃんおばあちゃん、
そしてお姉ちゃんの前で演武するとなって皆さん練習にも熱が入ります。

今日だけで驚く程上達しました。個人としてだけではなく、
チームとしての上達、成長が驚異的だと感じました。

明日がとても楽しみです。

キャンプ1

 

午後の部からは本部道場に戻り、
初公開の秘伝を伝授していきました。

脳や身体の電気信号をコントロールし、
上がらなかった足が一瞬で上がるようになるなど、
様々な効果が出ていました。

その後、武術の深いレベルを理解するための基本を
格闘技の練習から入り、トレーニングしていきました。

キャンプ3

このトレーニングも先ほどの秘伝を知っているのと、
いないのとでは大きな差が出てきます。

キャンプ4

武学の世界の奥深さが垣間見えました。

きゃんぷ5

 

続いて、格闘技と武術の違いを解説していただきました。
格闘技と武術では目指すところが根本的に違います。

なぜ武学がアダプターテクニックなのか、分かるのではなく、
体感することでより深く自分に落とし込んで行きました。

きゃんぷ9

 

参加した方の感想を一部紹介致します。
[youtube https://www.youtube.com/watch?v=6jBSkAtjb50&w=560&h=315]

まだまだ講義は続きます。
午後の講義の後半では戦争は、
どの距離でどの武器を使うか、
どのように使ったのかを解説していただきました。

きゃんぷ10

そこから武術と格闘技の違いを再び解説。
武術がどのような環境で発展してきたか、
それを考えると本質が見えてきました。

距離から見る武術の本質、中国武術が出した答えとは。
ここに本当に色々な秘密が隠されていました。

きゃんぷ11

これらをふまえたうえで対人トレーニングに
入って行きました。

きゃんぷ12

いかに武術がごまかしが効かないか、
自分の在り方が不明確ならそれが体現される、
全てを包越するアダプターテクニックである所以が垣間見えました。

このあとは西日本一美味しい韓国料理屋にて
アントレプレナーパーティーとなっております。

そこでも普段聞けないような、
どんな話が飛び出すのかとても楽しみです。

参加した方のここまでの講義の感想です。

 

レノンリー先生の叡智を身につけ指導する毎月のトレーニングスクールの日程はこちら
↓↓
http://tci.or.jp/seminar.html

 

一般社団法人国際徳育協会 体術部 宮本秀敏