去る、4月5日に実施された、めききの会昼食会。

今回は神戸の中華料理店、牡丹園で開催されました。

 

年に6回開催される、このメキキの会の昼食会とは、

世界を変える為に一体自分に何が出来るのか・・・・・。

出口光会長が、会のメンバーやそれ以外の方とも見聞を広める為に、開催されておられる勉強会です。

 

今回のゲストは、速読コンサルタント、呉真由美(くれまゆみ)先生です。

12959463_942779602485085_1495071681_o

「速読」と一言で聞くと、皆様は一体何を思い浮かべますか?

速読と聞いて一番に思い浮かべるのは、

「本が早く読める」

ということですよね。

 

確かに読書が好きな方は、速読を魅力的だと思われるでしょうが、

あまり本が好きで無い方にとっては、魅力的には映りませんよね。

 

しかし!!!

呉先生が仰る速読とは、単に本が早く読める。

そんなレベルの話をされておられるのではありません!!

 

呉先生のお伝えされる「速読」とは、

ズバリ「脳開発トレーニング」の事です。

しかも半端無い結果が得られるのです!

 

呉先生に教えを受けられている方は、一般の方々だけではありません。

世界的に有名なスポーツ選手や、政財界の方々まで・・・・。

実はこっそり呉先生に教えを請いに来ておられるのです。

残念ながら、お名前を明かす事は出来ないのですが、呉先生の速読体験会等に参加すると、

写真付きで紹介して頂けます(笑)。

 

実際に、受けた方がどのような効果を得ておられるのかというと・・・・。

バットを持った事の無い、30歳すぎの中年太りの主婦の方が、

150キロで飛んでくるボールをバットで打つ事が出来るのです。

しかも、速読の勉強をした1時間後に!!

 

驚愕じゃないですか??

いや、その主婦の方って実は、運動バリバリの方なんでしょ?

いいえ、いいえ、とんでもない!

動画を見せて頂くのですが、どこからどうみても、運動経験者には素人目から見ても違う事が分かります。

 

150キロの球を、打つという表現よりは、その球にキチンとバットを当てる事が出来る。

という言い方の方が正しいでしょう。

 

150キロの球って実際にどれほどの速さがご存知です?

野球経験者の方ならば、想像がつくと思うのですが、

0.1秒でピッチャーからキャッチャ―のミットにおさまっている、そんな速さです。

要は瞬きの一瞬で、ボールが飛んでくる。

そう思って頂くと良いでしょう。

 

つまり、素人にはボールを見る事が出来ないところか、バットに当てるなんて不可能に近い事です。

ましてや運動に縁の薄そうな主婦の方。

しかし、彼女はバットの握り方すら分かっていないのに、ちゃんと球をバットに当てる事が出来るのです。

しかも1回2回だけでなく、全ての回で。

 

つまり、彼女には野球選手並みの動体視力が備わり、それに対しての必要な運動量を、肉体がキチンと計算している。

ということになりますね。

 

呉先生いわく、これは何も特別なことではないと仰られます。

私達の脳は、実はバージョンアップが可能なのだと・・・・。

 

よく巷である「脳トレ」は、脳の部分開発を行うのですが、

呉先生は、自分の持っている脳みそそのものを、レベルアップさせる。

速読トレーニングによって、それを可能に出来る。

そう言っておられるのです。

 

え??

それ、ヤバくナイ??

実際に呉先生は、スポーツ選手が来られても、その方が何のスポーツをされておられるのか知らないと仰います。

脳のバージョンアップにスポーツの種類等関係が無いからです。

もっといえば、その方がスポーツ選手であろうが、主婦であろうが、経営者であろうが、関係無いという事ですよね。

 

100人トレーニングをすれば、100人とも絶対にバージョンアップできるそうです。

うそ~~~ん!

と思うのですが、呉先生のお話を聞くと、成程となっとくすることができます。

 

私達の脳みそは、12%しか使われていないそうです。

実際には8~10%ほどで、12%も使う事が出来たら、超天才人間だとか・・・・。

いわゆるこれを、潜在意識。 ナイトヘッド(眠っている脳)と言いますね。

 

このナイトヘッドの部分の開発を行う事によって、脳の使うパーセンテージ量を増やす。

それが呉先生が行っておられる事なのです。

どうして先生はこのような事に気づかれたのかというと、先生は小さな頃から本を読むのが大好きな子供だったそうです。

幼稚園の頃にはすでに、2000冊の本を読んでいたとか。

 

これって、プロゴルファーの横峯桜を育てた、横峯吉文氏も、「ヨコミネ式教育法」でとりあげておられますね。

園児の間に2000冊の本を読ますと、物事の理解力の高い子供に成長できると。

呉先生は、ご自身が会社に勤めておられた時、なぜが非常に多くの上司の方達に気にいられたそうです。

なぜ、会社の重役である方達が、自分のような一介の社員の目をかけるのか、とても不思議に思われたらしく、

非常に博識で理解力が高く、また的確で明確な答えを話す事の出来る彼女に、上司の方が頼っていたのではないか。

 

なぜ自分にそんな力が宿っているのか・・・・。

呉先生は、膨大な本を読むことで、多角的な面で多くの情報を処理できるようになり、

実生活に使う為に再構築出来る脳みそに、自然になっていた事に気がつかれたそうです。

速読とは、膨大な情報量を、瞬時に処理でき、集約と構築ができる能力を。身につけレベルを上げる事なのだと、呉先生は言います。

 

それは、実は人格の向上や、その人の人生の向上に、密接にかかわっているのだと・・・・・。

呉先生は、速読を通じて世界を平和にする事。

それが自分の使命だと仰っておられます。

 

ご自身の趣味と実益を兼ね、世界の方達に貢献することをされておられる、呉真由美先生は本当にカッコよかったです。

呉真由美先生の今後のご予定を知りたい方はコチラ。

↓↓

http://www.brain-training.net/

 

メキキの会会長であられる、出口光会長も、非常に興味をもっておられました。

そして何よりも、私自身が「速読」を受けたいと、心から思いました。